「中国茶の楽しみ方」報告

戸田里香氏による「中国茶の楽しみ方」を開催しました。温かい雰囲気の中、10名でテーブルを囲んで4種類のお茶の深い香りと味を楽しみました。ワインテイスティングのようにじっくりと茶葉の香りを確かめました。茶葉の種類や入れ方によって、香りがこれ程違うものかと驚きました。これからお茶を飲むのが楽しみです。

 

 

 

 

「礎総会・お箏とバイオリンのコラボ」

2017年の報告をお箏とバイオリンの演奏会を交えて行います。サンノゼをベースに活動されているまりも会の方々の華やかな演奏を楽しみましょう。総会では2016年度の会計、活動の報告をします。和菓子を頂きながらの春の演奏会になります。どなたでも参加出来ます。多数のご参加をお待ちしております。

参加予約はこちらでお願いします。
(https://ishizue2017mar.eventbrite.com)

【日時・場所】
日時:3月4日(土)
時間:午前10時30分から午後12時(開場10時15分オープン)
場所: Yu-Ai Kai 3F

【費用】
参加費:
礎サポーター 無料
一般     無料

ぶらり日本町「サンノゼ別院・日本語学園」

サンノゼ別院・日本語学園

毎年、日系祭りやお盆祭りでにぎわう、サンノゼ日本町にある浄土真宗のお寺、妙覚寺別院は、1901年に創立されました。サンノゼ別院日本語学園は、その開教師によって創設されました。当時は、移民としてアメリカで一攫千金をあげて、日本へ帰ろうという方が沢山いました。そういった方達に日本に帰る為の日本語を教えていたのが始まりです。寮もあったり、弁士の方を呼んでサイレント映画を上映したり、舞台も見せたりと、

活発な活動が行われていました。まだ、馬に乗って銃を腰に差していたような方がいた時代だそうです。

現在は、受講する生徒層も変わり、日本人や日系人ではなく、東南アジア系、中国系といった人種が増えています。日本語が話せるようになりたいというモチベーションも、アニメに興味があるからであったり、将来日本語を知っていた方が仕事関係に優位になるのではないかという思いなど、皆それぞれです。

サンノゼ別院日本語学園では、そういった家で日本語を使わない方々に、日本語、日本文化に親しむ機会をつくっていこうという方針で授業を行っています。スピーチコンテストを始め、お正月は、餅つきや羽根つきをしたり、門松を作ったりします。その他にも、節分、ひな祭り、こどもの日、そして、今年は11月に文化の日の行事も予定しています。

現在は、妙覚寺別院で輪番を勤めている藤本謙信さんが、サンノゼ別院日本語学園の校長先生を兼任しています。藤本校長先生は、日本語を教えていくということは、つまり日本の心と文化も教えていくことではないかと考えています。「おはようございます」は”Good morning”、「ありがとうございます」は”Thank you”、「さようなら」は”Good bye”と訳すけれども、その言葉が生まれた背景には、相手を敬う心や文化があるので、「こういう時は、こう言えば良い」というだけではないのです。

みなさんの周りに、日本語を話す機会がなかったり、全く日本語を話せないけれども、話せるようになってみたいという方がいらっしゃったら、ぜひ、サンノゼ別院日本語学園のようなところもあると、教えてあげてくださいね。

レポーター 大木 澄香

**************************************************************
サンノゼ別院日本語学園 (妙覚寺別院の向かいの建物)
Web site:http://www.sjbjls.org/

(礎ニューズレター111号2013年11月発行より)

「新春フラワーアレンジメント」報告

2017年初のワークショップは、アンフレットゆうこ氏をお招きして行われました。お茶やお菓子を頂きながらの和気藹々とした雰囲気のなか、上品な色合いのプリザーブドフラワー・ドライフラワーを使って、帽子・カバン・フォーマルドレス等に飾るコサージュを、素材や形を変えて2つ作りました。 記念に残るとても可愛らしい作品が出来上がりました。

「中国茶の楽しみ方」イベント告知

中国茶と言えば戸田里香氏による中国茶の楽しみ方が開催されます。中国茶の魅力は何と言ってもその深い香り。まるでワインのテイスティングのように花や草、スパイス、チョコレートなどに例えられます。香りを楽しみ、味を楽しむ中国茶を体験してみませんか。

詳細・ご予約は Eventbrite をご覧ください。
https://ishizue2017feb.eventbrite.com

日程:2月11日(土)
時間:10時スタート、12時終了
会場は9時45分オープン

「メディケア」セミナー

65 歳になると使えるメディケアについてご存知ですか? 友愛会でシニアのメディケアの相談にのって下さっているロイ伊藤氏が、日本語でわかりやすくメディケ アのお話をして下さいます。老後をアメリカで暮らそうと考えている方、今からメディケアについて勉強しておきましょう。

予約が必要になります。こちら Eventbrite でご予約ください。
(https://ishizue2016november.eventbrite.com)

(The workshop will be conducted in Japanese only.)

参加費:礎サポーター 無料
一般     $5
日程:11月12日(土)午前10時30分〜午後12時(10時15分開館)
会場:友愛会ビル3F

お問い合わせはお気軽にどうぞ。
Eメール:info@sjishizue.org

「アメリカ国籍・ワークショップ 」

「アメリカ国籍のベネフィットは?、アメリカ国籍を取る必要条件は?、プロセスはどうなってるんですか?」などの疑問にALA(Asian Law Alliance)の弁護士 Bea Pangilinan 氏と Nick Kuwada 氏からお話を伺います。

ワークショップは英語のみで行われます。

予約が必要になります。詳細・予約は Eventbrite をご覧ください。
(https://ishizue2016october.eventbrite.com)

【日時・場所】
日時:10月1日(土)
時間:午前10時30分から午後12時(開場10時15分オープン)
場所:友愛会ビル2F

【費用】
参加費:礎サポーター 無料
一般     $5

Asian Law Alliance のプロフィール

Screen Shot 2013-08-15 at 2.46.02 PM「Asian Law Allianceは1976年に発足した非営利団体で、サンタクラーラ郡のコミュニティーに向け法律サービスを提供しています。私たちは特に低所得者や移 民の権利に関する法律を促進・擁護すべく活動しています。主に、ハウジング(賃借人とオーナーの問題)、政府援助、移民法、家庭内暴力の被害者支援、人権 擁護法などを扱っています。」

「米国・日本における介護」セミナー

アメリカでの介護には、どんな選択肢があって、実際にどのぐらいの費用がかかるのか?公的なカバーはどのぐらいあるのか? 両親を呼び寄せたいけど介護はどうすれば良いのか?日本に帰国を考えているが、日本の介護事情はどうなっているのか? 「介護」と一言で言っても、いろいろと疑問があるかと思います。今回は、ほけん110番から小粥はるか氏を招いて、“米国・日本における介護について”お 話を伺います。質疑応答の時間もありますので、皆さま奮ってご参加ください。

予約が必要になります。詳細・予約は Eventbrite をご覧ください。
(https://ishizue2016september.eventbrite.com)\

【日時・場所】
日時:9月17日(土)
時間:午前10時30分から午後12時(開場10時15分オープン)
場所:Akiyama Wellness Center

【費用】
参加費:礎サポーター 無料
一般     $5

小粥はるか氏プロフィール
ogai_original web日本人のためのアメリカの保険代理店「ほけんの110番」のサンノゼ店の支店長として勤務。日米合わせて約5年のキャリアを持ち、日本の社会保障、アメリ カの社会保障、それをカバーする民間の保険の仕組みについて、日本語で分かりやすく解説。日本とアメリカの仕組みを比較しながら、その方の考えに合わせた プランニングを得意としている。

ファイナンシャル・ワーク ショップ〜リタイヤメント 〜

7月30日(土)今回礎では初めてお話してくださるファイナンシャル・アドバイザー小川八重子氏を招いて、より良いリタイアメントの準備についてお話を伺います。

予約が必要になります。詳細・予約は Eventbrite をご覧ください。
(https://ishizue2016july.eventbrite.com/)

小川八重子氏プロフィール

80 年代にアメリカ留学。その後、大手日本企業での経理、人事等の経験後、 Transamerica Financial Advisors, Inc. に入社。アドバイザーとしての経歴約10年。持ち前のポジティブさと「まず、人さま」のアプローチをモットーとする。お客様のニーズに合わせた丁寧なプラ ニングや資産運用などのお手伝いをしている。個人を始め企業のベネフィット等に携わる。日本では教師として英語で教鞭をとる。USF卒ビジネス、 Organizational Behavior専攻。