「ぶらり日本町 〜 Asian Law Alliance」

DSC00832皆さんは、ノンプロフィットの弁護士事務所があることをご存知ですか?
今回はサンノゼ日本町にある、 Asian Law Allianceを訪ねてきました。
ALAには、1977年、サンタクララ大学在学中に立ち上げた、Executive Director のRichard Kondaさんと、10人のスタッフがいます。この事務所の任務は、大きく分けて3つあります。
Richardさん自身も、この仕事のやりがいだと考え、力を入れているのが、個人を代表して弁護の仕事をするだけではなく、同じ、または同じような問題を抱えている人たちを助けるために、法案を通す活動などをすることです。それによって一度に多くの人を助けることができる為です。
また、コミュニティーの教育にも力を入れています。シニアセンター、英語のクラス、教会などに出張しては、ワークショップを開き、ライセンスや権利などについての基本的な情報や、法律の変更点等を教育するようにしています。
そして、コンサルティングです。情報を提供したり、的確な人を紹介したりしています。一般的な質問にも答え、もちろん法的なアドバイスもしています。話を聞きアドバイスをするのは、基本的にどなたでも大丈夫です。
費用は無料、または10ドルくらいです。弁護は低所得者を対象としています。弁護を実際にするとなるとファイリングフィーなどは支払っていただくことになります。ALAの日本語の話せる弁護士、Kirikoさんのお話によると、この事務所で扱う案件のほとんどが市民権申請、市民権以外の移民法の手続き、そしてハウジング(住居を借りる際に起こる問題)のようです。日本人や日系のクライアントもそういった件で相談される方が多いそうです。
毎月第2土曜日には移民法のクリニックを行なっています。
グリーンカードの更新、結婚や家族ベースのグリーンカードの申請、難民の方のグリーンカード申請、家族ベースの移民請願書申請(I-130)など、様々な移民法の案件を取り扱っています。
あなたの周りに、少しも情報がなくて、頼る人もなく、悩んだり困ったりしている人がいたら、ぜひ紹介してあげてください。立場の弱い人、収入の少ない人を守ってくれる、このような組織は他にも沢山あるそうです。この情報が、一人で悩みを抱えたり、もしくは、不当な扱いに苦しむ方にとって、少しでも役に立つものであるよう願っています。

記事:Sumika Oki

☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
Asian Law Alliance
184 E. Jackson Street San Jose, CA 95112
T: (408) 287-9710 F: (408) 287-0864
Website: http://www.asianlawalliance.org
*日本語をご希望の方は、Kirikoさんにご相談ください。
☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆

礎ニューズレター109号(2013年7月発行)より