Category Archives: 日本町紹介

ぶらり日本町「サンノゼ別院・日本語学園」

サンノゼ別院・日本語学園

毎年、日系祭りやお盆祭りでにぎわう、サンノゼ日本町にある浄土真宗のお寺、妙覚寺別院は、1901年に創立されました。サンノゼ別院日本語学園は、その開教師によって創設されました。当時は、移民としてアメリカで一攫千金をあげて、日本へ帰ろうという方が沢山いました。そういった方達に日本に帰る為の日本語を教えていたのが始まりです。寮もあったり、弁士の方を呼んでサイレント映画を上映したり、舞台も見せたりと、

活発な活動が行われていました。まだ、馬に乗って銃を腰に差していたような方がいた時代だそうです。

現在は、受講する生徒層も変わり、日本人や日系人ではなく、東南アジア系、中国系といった人種が増えています。日本語が話せるようになりたいというモチベーションも、アニメに興味があるからであったり、将来日本語を知っていた方が仕事関係に優位になるのではないかという思いなど、皆それぞれです。

サンノゼ別院日本語学園では、そういった家で日本語を使わない方々に、日本語、日本文化に親しむ機会をつくっていこうという方針で授業を行っています。スピーチコンテストを始め、お正月は、餅つきや羽根つきをしたり、門松を作ったりします。その他にも、節分、ひな祭り、こどもの日、そして、今年は11月に文化の日の行事も予定しています。

現在は、妙覚寺別院で輪番を勤めている藤本謙信さんが、サンノゼ別院日本語学園の校長先生を兼任しています。藤本校長先生は、日本語を教えていくということは、つまり日本の心と文化も教えていくことではないかと考えています。「おはようございます」は”Good morning”、「ありがとうございます」は”Thank you”、「さようなら」は”Good bye”と訳すけれども、その言葉が生まれた背景には、相手を敬う心や文化があるので、「こういう時は、こう言えば良い」というだけではないのです。

みなさんの周りに、日本語を話す機会がなかったり、全く日本語を話せないけれども、話せるようになってみたいという方がいらっしゃったら、ぜひ、サンノゼ別院日本語学園のようなところもあると、教えてあげてくださいね。

レポーター 大木 澄香

**************************************************************
サンノゼ別院日本語学園 (妙覚寺別院の向かいの建物)
Web site:http://www.sjbjls.org/

(礎ニューズレター111号2013年11月発行より)

ぶらり日本町「フラダンス・クラス」

hula皆さんには、「なくては人生のバランスがとれない」と思えるほど、好きなことはありますか?サンノゼ日本町にあるHalau Na Wai Olaで日本語のフラ教室を教えている華さんにとって、フラダンスとの出会いは彼女の人生に大きな影響を与えました。 当時6歳だった娘さんがフラダンスを始め、その付き添いとして行っていたのがきっかけで、1年後に自分もスタート、今年で8年目となりました。週に4回はクラスに通い、今は毎週水曜日の午前10時半から11時半まで日本人のクラスを任せられるまでとなりました。
フラダンスが日本でもとても広がっている理由は、老若男女問わずに誰でも気軽に始められ、適度な有酸素運動になることはもちろん、リラクゼーションなど、心の効果にも良いとされているからかもしれません。
華さんも、そしてこの教室のオーナーであるKauʻi先生も、会ってお話しするとプラスのエネルギーや元気をもらえる華やかで自然体な印象の方達です。
Halau Na Wai Olaは、クパチーノでスタートし、2009年9月に日本町に引っ越して来ました。日本町にあるOkayamaビルとの出会いも偶然ではなかったのかもしれません。この物件はお盆祭りに来た時に見つけました。その時すでに建物の二階ではウクレレ教室が開かれており、また、日本町にはハワイを受け入れる文化があると感じたそうです。今は170人以上の生徒さんを抱えるフラダンス教室に成長しました。今このビルの一階は、ハワイから直接輸入してきた色とりどりのアロハシャツ、ムームー、花々の髪飾り、その他ハワイから直輸入の小物が満載!フラダンスをしない方も、ハワイの雰囲気に思わずときめいてしまうかもしれません。そしてその奥のスタジオでは、本格的かつ自然の癒しを感じる音楽とフラダンスを踊ることができるスタジオが広がります。
実はこのショップの運営は、なんとフラダンスを習いにきている生徒さんのボランティアで成り立っているのです。これも全て、華さんを含めた生徒さん達はみなKauʻi先生の人柄に魅せられてのこと。フラダンスは、単なるダンスやエクササイズだけではなく、まるで古き良き日本の時代を思わせる、人と人とのつながりを深めて行く伝統文化そのものなのです。だから、先生も生徒さんも教室だけのつながりにとどまらず、友達、家族のように親しくなって行きます。また子供がフラを踊る姿はとても可愛いものですが、それ以外にも行儀などを習うことにつながっていきます。とても文化色の強い踊りなのです。人を楽しい気持ちにさせてくれる伝統の踊り、フラダンスに興味がある方は、一度Okayamaビル1階をのぞいてみてくださいね。
皆様にとっても、華さんのように、何かかけがえのないものとの出会いがありますように!

華さんによる日本語のフラダンスクラス
毎週水曜日、午前10:30−11:30
Halau Na Wai Ola
スタジオ(Okayamaビルの一階)
565 B 6th St, San Jose, CA 95112
Webサイト
http://www.nawaiola.com/
*5歳から学べるクラス、もちろんビギナー用、男性用、女性用のクラスもあります。

記事:Sumika Oki

(礎ニューズレター110号2013年9月発行より)

「ぶらり日本町 〜 Asian Law Alliance」

DSC00832皆さんは、ノンプロフィットの弁護士事務所があることをご存知ですか?
今回はサンノゼ日本町にある、 Asian Law Allianceを訪ねてきました。
ALAには、1977年、サンタクララ大学在学中に立ち上げた、Executive Director のRichard Kondaさんと、10人のスタッフがいます。この事務所の任務は、大きく分けて3つあります。
Richardさん自身も、この仕事のやりがいだと考え、力を入れているのが、個人を代表して弁護の仕事をするだけではなく、同じ、または同じような問題を抱えている人たちを助けるために、法案を通す活動などをすることです。それによって一度に多くの人を助けることができる為です。
また、コミュニティーの教育にも力を入れています。シニアセンター、英語のクラス、教会などに出張しては、ワークショップを開き、ライセンスや権利などについての基本的な情報や、法律の変更点等を教育するようにしています。
そして、コンサルティングです。情報を提供したり、的確な人を紹介したりしています。一般的な質問にも答え、もちろん法的なアドバイスもしています。話を聞きアドバイスをするのは、基本的にどなたでも大丈夫です。
費用は無料、または10ドルくらいです。弁護は低所得者を対象としています。弁護を実際にするとなるとファイリングフィーなどは支払っていただくことになります。ALAの日本語の話せる弁護士、Kirikoさんのお話によると、この事務所で扱う案件のほとんどが市民権申請、市民権以外の移民法の手続き、そしてハウジング(住居を借りる際に起こる問題)のようです。日本人や日系のクライアントもそういった件で相談される方が多いそうです。
毎月第2土曜日には移民法のクリニックを行なっています。
グリーンカードの更新、結婚や家族ベースのグリーンカードの申請、難民の方のグリーンカード申請、家族ベースの移民請願書申請(I-130)など、様々な移民法の案件を取り扱っています。
あなたの周りに、少しも情報がなくて、頼る人もなく、悩んだり困ったりしている人がいたら、ぜひ紹介してあげてください。立場の弱い人、収入の少ない人を守ってくれる、このような組織は他にも沢山あるそうです。この情報が、一人で悩みを抱えたり、もしくは、不当な扱いに苦しむ方にとって、少しでも役に立つものであるよう願っています。

記事:Sumika Oki

☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
Asian Law Alliance
184 E. Jackson Street San Jose, CA 95112
T: (408) 287-9710 F: (408) 287-0864
Website: http://www.asianlawalliance.org
*日本語をご希望の方は、Kirikoさんにご相談ください。
☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆

礎ニューズレター109号(2013年7月発行)より

「ぶらり日本町 〜 ファーマーズマーケット」

生のヴァイオリンの音色の響きわたるアットホームなファーマーズマーケットは、毎週日曜日にサンノゼ日本町で開催されています。 このファーマーズマーケットは、Japantown Business Associationによって運営されており、そこでExecutive Directorを務める日系三世のKathy Sakamotoさんにお話をお伺いました。
「私の娘のクラスメートは、赤い人参の上に緑の葉っぱがついていることを知らないの。お店でパッケージに入って売られているものしか見たことがないから。」
ファーマーズマーケットは、食べ物と人とのつながりを強くしてくれるという特徴があります。生産者の顔がはっきりと見え、その日収穫したものがその日のうちに手に入るという新鮮さも利点です。日本のような四季はなかなか感じにくいサンノゼでも毎週顔を出しているうちに、食べ物を通じて、四季が身近に感じられるようになってくるかもしれません。
このファーマーズマーケットは、日本町に人の流れを作りたいという視点から、1992年から毎週日曜に行われてきました。出店者はそれぞれ遠いところでは、サリナス、近くはベイエリアやハーフムーンベイあたりからやってきています。
中華系の野菜、オーガニックの野菜や果物、ハマス、お花、手作りジュエリーなど、様々な方面から食卓のみならず皆様の生活を潤してくれます。
Kathyさんは青空の下、近所に暮らす人々とのコミュニケーションをとても楽しみながら、ボランティアの方と協力し合ってこのマーケットを支えてくれています。「あ、もうイチゴが出ているのね!」といって嬉しそうにしている人の顔を見ること、そして沢山の人に出会えることが好きだというKathyさん。
これからの季節はチェリー、七月あたりに出始めるスイカも美味しいそうですよ!ぜひ、ファーマーズマーケットの入り口付近で、San Jose Mercury Newsや、コーヒー、ココア、水、ソーダ等を売っているテントにお立ち寄りいただき、Kathyさんに話しかけてみてください。知らなかった日本町の新たな一面を発見できるかもしれません。

☆☆☆San Jose Japantowon Farmer’s Market Information☆☆☆
日時:毎週日曜日の朝8時半から正午まで。雨でもやっています。
場所:Jackson Street between 6th & 7th Streets ニジヤサンノゼ店から徒歩1分。
駐車場:SJ日本町は、日曜はメーターのついている路上も公共の駐車場も無料で停めることができます。

記事:Sumika Oki

DSC00764

(礎ニューズレター108号より)