4月6日「着物ワークショップ」は大盛況でした。

鵜口(うのくち)陽子氏による「着物ワークショップ」は大盛況に終わりました。参加者も多く、着物に対する関心の高さがうかがわれました。可愛らしい着物姿で参加してくださったお嬢様もいらして、華やかな雰囲気のイベントになりました。ベルトを使用する美装流の着付けのデモンストレーションもあり、大変興味深いものでした。もっと気楽に着物に親しめそうです。

DSC00721

イベントの写真はこちらをどうぞ:リンク

鵜口陽子氏プロフィール
IMG_3012母の着物姿を見ていつか自分で着物を着付けられるようになりたいという思いからお稽古ごとのひとつとして習い始めた着付けですが着物に長く携わるにつれ魅了され着付け師に。 海外での着物の存在に興味を抱き模索も兼ねて2005年渡米。 「着物からみる日本の歴史や日本独得の色、また施されている柄にはそれぞれに意味があり その意味を知ることにおいて一層の美しさに惹かれていきます。 伝統ある美しい日本の着物を知っていただくことはひとりでも多くの方々に着物を装っていただくことだと思っています。」